ブログ「石原明の経営のヒント」

ポッドキャスト【特別ゲスト版】に登山家の栗城 史多 氏 登場\(^o^)/

早いもので、今年も上半期が終わろうとしていますが、こうした節目を迎える度に、しみじみと「継続は力だなぁ」と思ったりするものです。

私がコツコツと続けているコトのひとつに毎週金曜日にお届けしている無料版ポッドキャスト番組 『経営のヒント+(プラス)』がありますが、番組スタートから早7年目を迎え、すでに第336回をリリース済みで、累計ダウンロード回数は「2,700万回」を超えているようですから、人気番組と呼んでも差支えないかもしれませんね(#^^#)

そのリスナーさんも、国内だけにとどまらず、全世界に拡散中のようですが、通常版に加えて時折りお届けしている【特別ゲスト版】に、なんと今回は! 登山家の栗城史多(くりき のぶかず)氏をお迎えすることができました\(^o^)/


Kuriki.jpg


「見えない山を登る、全ての人達と冒険を共有する登山家。」というキャッチフレーズで、講演活動や執筆活動も行う栗城氏については、テレビ番組などを通してご存じの方も多いと思いますが、プロフィールやこれまでの活動に関しては【オフィシャルサイト】や【YouTubeチャンネル】でチェックしていただければと思います。

私が感じている栗城氏の魅力は、彼の「戦略家」としての一面です。言うまでもなく、登山の成功には入念な準備と、一瞬の判断力が不可欠なわけですが、じつはそのどちらも、これからのビジネス界に欠かせない能力で、そういう視点から彼を見ると、起業家としても、相当イケてると思ったりするわけですね(*^^)v

今回の番組では、3回にわたり、そんな栗城氏の人間的な魅力に存分に迫りましたので、ぜひお聴き逃しなく(@^^)/~~~


★6月28日(火)配信 【前編】 実は、登山のきっかけは失恋だった。

★7月5日(火)配信  【中編】 僕のチャレンジは否定がなければ意味がない。

★7月12日(火)配信 【後編】 滑落からの絶体絶命を救ったのは○○○だった!?


いずれも、【石原明.com】 にて、お聴きいただけま~す♪

ITビジネスの原理

ゴールデンウィーク明け・・・調子はどうですか? 

イマイチ調子が戻らない方(笑)、瞬時にやる気スイッチが入る方法を教えましょう!

今すぐ、私のポッドキャスト番組『経営のヒント+(プラス)特別ゲスト版』を聴いてください♪


今回は、あの尾原 和啓氏をゲストにお迎えし、バリ島と東京でスカイプを通じた対談を行ったのですが、いよいよ本日【前編】がリリースされたんです\(^o^)/

その記念に、あらためて尾原氏の名著『ITビジネスの原理』をご紹介したいと思うのですが、万が一まだお読みでない方がいたら、番組と合わせてこの機会に読んでみてください。いや、すでにお読みの方も、もう一度読み返してみてはいかがでしょうか?


ITBusiness.jpg


私は本書を「読むだけで頭が良くなる本」として推薦しているのですが、ものゴトをこれだけわかりやすく、しかもこれだけ高度なレベルで整理してもらえると、読み進むにつれ頭がスッキリしてくるし、読み終わった後の爽快感は格別です(#^^#)

とくに私は「インターネットはアメリカという社会で発展したばかりにその可能性を狭めてしまった」というくだりにかなりの衝撃を受けたのですが、我々にIT社会の未来を見極めるための重要な視点を授けてくれる珠玉の一冊だと思っています(*^^)v

彼の言うように、本来「IT技術」は人類をより幸せにするために使われるべきものであるはずです。IT技術の利点は主に2つあり、ひとつは過去のデータを大量に蓄積し、そのデータを使って分析や予測ができるようになること。そしてもうひとつは、時空を超えられることです。

人類が時間や空間から本当の意味で自由になることができたら、もっともっと人間らしい仕事、クリエイティブな活動ができるはずなのですが、現状ではITが単に電話やFAXの代わりをしているに過ぎず、ビジネスにおいても、私たちがちっとも楽になっていないことって、結構たくさんありませんか?

そうした現実社会へのアンチテーゼを表現するために、尾原氏は【分身】を作って、役員の仕事や講演活動などをされています。彼が執行役員を務めるフリンジ81のオフィスでは、その分身は「ほとんど尾原さん」と呼ばれているらしいですよ(笑)。


Obara.png


尾原氏のような「プラットフォーム思考」を持てる経営者はなかなかいませんが、本書が示唆するIT社会の未来をしっかりと理解し、変われた会社だけが次世代の覇者になると言っても過言ではないでしょう。ぜひ、この本の真意を、真正面から受け取ってください(@^^)/~~~

5月10日・17日のポッドキャスト『経営のヒント+(プラス)』特別ゲスト版はスゴすぎる!?

早いもので4月も月末、明日から10連休♪という方もいると思いますが、今日は連休明けの楽しい予告をしたいと思います。

おかげさまで、ダウンロード回数も2,700万回を超える勢いのポッドキャスト番組『経営のヒント+(プラス)』ですが、【特別ゲスト版】として、真剣に一人でも多くの方に聴いていたただきたいと思うようなスゴイ番組ができあがりました\(^o^)/


guest.jpg


今回は、画期的な試みで収録したのですが・・・なんと!バリ島にいらっしゃるゲストから、スカイプを通して私のiPhoneに音声を飛ばしてもらいながら対談したのです。気になるそのゲストとは・・・衝撃的な著書『ITビジネスの原理』『ザ・プラットフォーム―IT企業はなぜ世界を変えるのか?』(いずれもNHK出版)でも有名な、あの尾原 和啓(おばら かずひろ)氏です!!!

番組の仕上がりは、まるで国際宇宙ステーションと交信しているようなムードになりましたが(笑)、尾原氏自身が「どこでもドア」を持っているような稀有な存在でもあるので、この番組は地球上探しても他にどこにもないような、超貴重なコンテンツとして、未来永劫ネット上に存在し続けるんじゃないかと思います(#^^#)

といっても、尾原氏をまだご存じない方もいると思うので、あらためてご紹介しますが、ひと言で表現するなら「人類のために、インターネットの幸せな使い方を真剣に追及する研究者」って感じでしょうか。

彼自身、京都大学大学院時代に阪神・淡路大震災を体験し、混乱する避難所の手伝いなどのボランティア活動の中から「情報のハブ」さえあればみんなが笑顔になるんだ!という実体験を通して、人類を幸せにするためのプラットホーム思考に目覚め、そこからは自己の探求心の赴くままに生きて来られたようです。

なんと、今現在「12職目」だそうですが、もとはマッキンゼーのコンサルタントとして社会人としてのスタートを切った後、NTTドコモでiモード事業立ち上げに関わり、さらに「3年後に時代の中心となる場所」「ゼロからイチになる瞬間」を求めてリクルート、Google、楽天など名だたる企業を渡り歩き、今や彼が働きたいと言ったら断る企業はないでしょうし、彼が望めば国家の要人も含めて会えない人はいないんじゃないかと思います。これって、まさにリアル「どこでもドア」ですよね(*^^)v 

ご本人いわく「こちらが壁を作らなければ、どこだってフリーパスで行けるはず」だそうですが、その行動のみならず、思考の上でも何ら壁を作らず、「自由」という言葉が陳腐に思えるほどのスケールで、かつ目にも留まらぬ速さで、世の中に「変化」を生み出し続けるこの達人に対し、質問の達人、私、石原明が本質的な質問を次々とぶつけました。

●尾原さんは経営者でもないし、ビジネスマンでもない。ご自分はどういう存在だと思っているんですか?
●『ITビジネスの原理』にある「インターネットがアメリカで生まれた不幸」というフレーズに驚愕したんですが、どこからそんな思考が生まれたんですか?
●「言語」を越えた繋がりを築いたインターネット社会で、今後の日本が担う役割の本質をどうお考えですか?
●今の若者たちはすでに検索サイトを使わなくなっているみたいですが、そのことが示唆するネットの未来とは?
●ストック型からフロー型に急速に変化する社会において、今後の企業はインターネットをどんなふうに使っていくべきでしょうか?
●ネットを使う楽しみの質が「受信」から「発信」へ変化した消費者を、企業はどう巻き込んでいったらいいのでしょう?

などなど、質問が尽きることはありませんでしたが、ご自身のことを「カタリスト=触媒」と呼ぶだけあって、尾原氏の発する言葉の一つひとつが、私のリミッターをまた"カチン!"と外してしまった感じがします(笑)。

彼いわく、インターネットの醍醐味は、距離と時間に関係なく"熱量"を持った人同士が繋がれて「熱量の連鎖」を起こせることだそうですが、こんなふうにネットを通して、世界中に「ブレーキを外し合う仲間」を持てる幸せを体感できたことに、心から感謝したいと思います。

じつは私は、すべてのビジネスがまだまだIT化されてないと思っていて、ネットは単に電話やFAXの代わりをしているに過ぎず、ビジネスパーソンをちっとも楽にしていないように見えるのですが、それは、ビジネスの側からインターネットを見てるからわからないのであって、尾原さんのようにネット側からビジネスを見ている方の思考に触れることで、本当の意味でITがビジネスに溶け込んで、かつてないほどの大きな社会的変化が起きるんじゃないか、と考えていたりします。

尾原氏の著書は、読み進むにつれて思考が整理され、読むだけで頭が良くなる本ですが、この番組は、聴くたびに頭が柔らかくなり、劇的に思考の枠を広げる"特効薬"になるはずです。

2016年5月10日(火)に【前編】が、5月17日(火)に【後編】がリリースされますので、「シェア」大歓迎!! ぜひあなたの大事なビジネスパートナーにも教えてあげてください(@^^)/~~~

経営コンサルタント石原明 公式サイト 石原明.com
経営次進塾
キクタス