ブログ「石原明の経営のヒント」

今、ポッドキャスト『経営のヒント+(プラス)』が熱い!?

立春も過ぎ、また志を新たにしている方も多いと思いますが、私の配信しているポッドキャスト番組『経営のヒント+(プラス)』は、特別ゲスト版なども含め、ますます盛り上がりを見せています(#^^#)


bnr_side_hint.jpg


昨年(2015年)12月5日に行った公開収録は、「ウィンタースペシャルin渋谷」と題し、スペシャルゲストをお迎えしたのですが、スペシャルゲストとは、国内外で大人気の日本酒「獺祭(だっさい)」を醸し、今をトキメク旭酒造株式会社 代表取締役 桜井博志社長です\(^o^)/

櫻井社長をお迎えした収録は、想像以上に盛り上がったのですが(笑)、そのライブ感をたっぷり味わっていただきたいと、今回は特別に4回に分けてお届けしましたので、ぜひお聴き逃しなく!

>>> 【特別ゲスト版:桜井博志氏 全4回】はこちらから♪


櫻井社長には、毎週金曜日に配信している通常版の『経営のヒント+(プラス)』でも、リスナーさんからの質問にお答えいただきました(*^^)v

>>> 第314回 【第9回公開収録_4】スペシャルゲスト <獺祭> の旭酒造、桜井社長がご登壇!!


>>> 第315回 【第9回公開収録_5】<獺祭> 旭酒造、桜井社長に質問「世界基準で仕事するには?」


また、続く「特別ゲスト版」には、私も認めたエグゼクティブコーチ・秋山ジョー賢司氏が満を持しての登場です!

秋山氏のセッションを受けた方からは、こんな声が続々・・・

●ずっと出したかった書籍の出版が決まった。
●年間利益が2000万円から4000万円になった。
●自分を一生活かし、有意義な人生を送れる術を身につけた。
●社員の働く姿勢が一変し、現場から離れることができた。
●社風が良くなり、離職率が下がった。

彼に会った経営者はみな、ご自身の壁を突破し、変化を遂げながら次のステージへと羽ばたいているんです\(^o^)/

そんな秋山氏にご登壇いただいた番組は、前編・後編でお届けする予定なので、こちらもチェックしてください♪y


>>> 【特別ゲスト版:秋山ジョー賢司氏 全2回】


累計ダウンロード回数も2000万回を超え、ますますノリに乗っている『経営のヒント+(プラス)』。これが【無料】だなんて、耳を疑う感じですよね(笑)。

そうそう! 私に聞いてみたいことがあれば、【質問フォーム】から送ってください。そのうち、番組で取り上げられるかもしれませんよ。

というわけで、これからも楽しく続けていきますので、応援してくださ~い(@^^)/~~~

2016年型のビジネスモデルは『ベビーメタル』から学べ!?

2015年もいよいよ最終週を迎えましたが、みなさんにとって今年はどんな一年だったでしょうか?

このところ、様々なメディア取材や顧問先の社長さんから「来年はどんな年になるのでしょうか?」といった質問を多く受けてきましたが、私が今、ガゼン注目しているのは『BABYMETAL(ベビーメタル)』です(#^^#)

『ベビーメタル』・・・???・・・頭の中にはてなマークがいくつも並んでしまった方は、情報感度がかなり鈍ってますので、早急にアンテナのメンテナンスが必要かもしれませんよ(笑)。

知らない方のためにちょっとだけ説明すると、『ベビーメタル』は"アイドルとメタルの融合"をテーマに誕生した日本人女性3名からなるユニットで、来年はいよいよワールドツアーで本格的に世界征服か!?ってところまで来ています。



もともとは女性アイドルグループ「さくら学院」内のクラブ活動ユニットのひとつとして2010年秋に結成されたのですが、2012年からはバックに「神バンド」と称される凄腕ミュージシャンらを配し、あのレディー・ガガの前座を務めるなど、その活躍ぶりはめざましいものがあります。

"本気"のヘビーメタルをバックサウンドに激しいダンスと可愛い歌詞を歌う彼女たちは、今、世界中から熱い視線を集めているわけですが、YouTubeにライブ動画なども多数上がってるので、「知らなかったー!」という方は、ぜひこの機会にチェックしてください♪

で、私がなぜ『ベビーメタル』に注目しているかというと、日本の中小企業が目指すべき次世代のビジネスのカタチだと思うからです! 最先端いってる人や尖った人たちのセンスにバシッと当てた商品やサービスをリリースすれば、あっという間に【勝手に世界でブレイク!】できるという、絶好の事例じゃないでしょうか(*^^)v

もちろん、これまで日本にも、ヘビメタバンドは数々あったわけですが、失礼ながら彼らが世界でブレイクするには、かなりハードルが高かったんじゃないかと思います。
そこにアイドルの女の子3人が出てきて、スコン!と世界に出ていってしまう・・・ヘビメタ業界(?)では「こんなの認めない!」というアンチテーゼもあるようですが(笑)、世界で認められちゃったら、そんなの関係ないですよね。

じつは私は、2016年のキーワードを【コラボレーション】と読んでいるのですが、近年アニメや漫画など、世界に通用するコンテンツは「優秀なプラットフォーム」のもとに制作されるケースが多く、原作・作画・編集・広告宣伝・グッズ化など、それぞれの分野で秀逸な才能が集まって、入念につくられているわけです。

ビジネスもまったく同じで、これからの時代は、それぞれの技術や能力を掛け合わせ、一社でやるよりも数倍ダイナミックに、かつスピーティーに成果を上げる・・・そのためには、経営者のセンスや人脈がモノを言う時代です。

ヘビメタにアイドルを掛け合わせたように、自社にはどんなコラボの可能性があるか・・・年末の忙しいさなかではありますが、『ベビーメタル』を聞きながらテンションを上げ(笑)、楽しみながらあれこれ発想を拡げてみてくださ~い(@^^)/~~~

逆境経営―山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法

唐突ですが・・・「獺祭」・・・この漢字、読めますか?

この2文字がすんなり読めるかどうかで、あなたがイケてるビジネスパーソンかどうか、ある程度の察しがつきますが(笑)、「獺祭(だっさい)」の「獺」の訓読みが「かわうそ」であることまで知っていたら、かなりのツウかもしれません(#^^#)

今回ご紹介するのは、いろいろな意味で日本酒のマーケットを大きく変えた「獺祭」の蔵元である旭酒造株式会社 代表取締役社長 桜井博志氏のご著書で、11月27日にリリースする有料版ポッドキャスト『石原明の経営のヒント プレミアム』の「今月の一冊」のコーナーでもご紹介させていただいたんです♪


dassai.jpg


先代であったお父様の急逝を受けて、蔵を継ぐことになった櫻井社長ですが、日本酒の新しいマーケットを創造したという意味においては、日本広しと言えども、この「獺祭」の右に出るお酒はないんじゃないかと思います。

同社は山口県の岩国市にあるのですが、「地酒」という言葉どおり、そもそも地方の酒蔵で醸されるお酒は、地元消費を中心に据えていたものです。ところがこの「獺祭」の中心マーケットはズバリ大都市! 東京のみならず、ニューヨークやパリなど、食通が通う飲食店を中心に、みるみるうちに販路を拡大していきました。

この「獺祭」は、ほぼ全量を「純米大吟醸」にするという、他の酒蔵ではありえない戦略を取ることで、これまで日本酒を飲むことのなかった女性たちに「なにコレ!おいしい!!」と言わせ、「このお酒を知らなきゃモグリよ」といったムードで、日本酒マーケットをみごとなまでに変えていったのです。

ご存じのとおり、国内の日本酒市場は縮小の一途をたどっているわけですが、櫻井社長のように、常に「新しいマーケット」に目が向いている経営者にとっては少しも問題ないわけで、女性マーケットしかり、海外マーケットしかり、これまで日本酒を飲まなかった層に買ってもらえる酒としての「獺祭」の軌跡がギュッと詰まった本書は、悩める経営者にぜひ読んでもらいたい一冊です。

じつは櫻井社長を、12月5日(土)に行うポッドキャストの公開収録【ウィンタースペシャルin渋谷】の特別ゲストにお招きしていて、もうすぐお目にかかれることを、私も心から楽しみにしているところです。番組ができたらまたお知らせしますので、ぜひチェックしてくださいね(@^^)/~~~

経営コンサルタント石原明 公式サイト 石原明.com
経営次進塾
キクタス