ブログ「石原明の経営のヒント」

話題の新刊『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』

2015年9月4日、構想と執筆に2年あまりの歳月をかけた渾身の一冊が世に出ました。私にとっては久しぶりの新刊『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』(ダイヤモンド社)ですが、出版前からアマゾンに900冊以上の予約注文が入ったらしく、各ネット書店でもしばらくの間品切れ状態が続くという"異例"の船出となりました(#^^#)


neage.jpg


また、コンプライアンスに厳しいダイヤモンド社が「絶対に儲かる」というタイトルを付けてくれたこと自体"異例"だと思うのですが、出版までに2年もかかってしまった理由は、原稿を書いた後、顧問先や周りの経営者の方に読んでもらい、感想を聞くことはもちろん、読んだ方が実際に"値上げに向けて行動を起こすか?"そして"成果を出してもらえるのか?!"を丁寧に確認していたからなんです。

正直なところ、経営者なら誰もが「値上げ」にトライしたいと思っているはずなんですが、値上げに対する正しい理解"と自社でもできるという"実行可能な具体的事例"がないと、実際に行動に移すことは難しく、また実行に移しても成果が出ることはまずありません。

だからこそ、本書はそのレベルまで内容をチューニングするのに、大きくは3回、内容そのものを見直しました(ここまで注意深く原稿を書いたのは、初めてかもしれません)。原稿を読んだ経営者からは、あまりに内容が凄すぎるので「マジで出版を取り止めて欲しい!という声も多数あったほどです(笑)。

デフレ経済が長く続いたせいか、日本では「1円でも安くて良いものを提供するのが良い会社」とばかり、真摯な努力を重ねるマジメな企業が後を絶ちません。とくにBtoBでは、お客様は神様とばかり、泣く泣く"値下げ"している会社も多いと思うのですが、その行為が、結局は会社の寿命を縮めているのだということにお気づきでしょうか?

先日も、ポッドキャスト『経営のヒント+(プラス)』で、「同じ製品で価格を上げるためには、どうすれば良いでしょうか?」といった質問にお答えしたのですが、私に言わせれば、「モノの値段をどう決めるべきか」をわかっていない経営者があまりにも多すぎます!!

私がこの本で教えたかったは【マーケットの定義】であり、原価から算出したり、競合他社との比較で決まる値段とは別次元にある【その商品やサービスの値段は、使う側が感じる価値で決まる】という概念を、ぜひ十二分に理解してほしいところです(*^^)v

日本人はあまりにも「定価」の社会に慣れ切っていますが、本来ビジネスというものは、同じ商品をA社とB社に違う値段で売っても、まったく構わない世界なんです。たとえばこの商品やサービスを使うことでB社の利益が2倍になるなら、A社より高い値段でも納得してもらえるのではないでしょうか。

このあたりは、ダイヤモンド社の【書籍オンライン】でも詳しく解説していますので、こちらもチェックしてください↓

第1回:値上げが正しい企業努力です!

第2回:儲けたいなら、値下げはダメ

第3回:儲けたいなら、顧客を選ぼう

第4回:儲けたいなら、価値を伝えなさい

第5回:儲けたいなら、競争のいらない経営へ

第6回:「値下げ」と「値上げ」、本当に儲かるのはどっち?

第7回:「BtoB」と「BtoC」、値上げしやすいのはどっち?


また、来たる10月29日(木)13時30分から、東京目白 椿山荘ホテル東京 アンフィシアターにて、出版社主催の【著者セミナー】がありますので、私に直接質問できる貴重な機会としても、ぜひご活用ください(@^^)/~~~

一生お金に困らない生き方

今回は、人気心理カウンセラーの心屋仁之助さんの最新刊『一生お金に困らない生き方』をご紹介したいと思います。本書は単なるお金儲けの本とは一線を画し、自分自身の持つ「本当の価値」を深く考えさせてくれる一冊です(*^^)v


okanenikomaranai.jpg


じつは心屋さんは、その昔サラリーマン時代に私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会に参加してくれていたようで、そんなご縁から、今はマネジメントのアドバイスなどもしているのですが、今年(2015年)のゴールデンウィークには、私が総合プロデューサーを務めた大型イベント「心が風に、なる」Mondou(問答) LIVEツアーが、大好評のうちに幕を閉じました。

このイベントは、2013年の日比谷公会堂からスタートし、翌14年は東京ドームシティ、そして今年が4都市Zeepツアーと、どんどんステップアップしているのですが、最初のイベントで「歌を歌ったら?」とすすめたのは、なにをかくそう、私、石原明なんです(#^^#)

心理カウンセラーという仕事は、通常「1対1」の仕事ですよね。心屋さんの才能はもっともっと大きいものであることを確信した私は、彼の持つメッセージをなんとか「1 対 多」に伝えられないかと考えたわけで、それには「歌」が一番よいのでは? という結論に至ったわけです。

予想どおり、実際に彼のつくった歌を聴いてもらうと・・・その場で泣き出す人も少なくありませんでした。やはり、「歌」の持つメッセージ力は強烈なんです!! とくに、心理カウンセラーとして、日頃から人間心理の奥深くに迫っている心屋さんが紡ぎ出す歌詞やメロディーは、本当に素直に心に響きます♪

そんな心屋さんのファーストCDがリリースされました\(^o^)/


魔法のうた.jpg


あなたの内面はこの歌を聴いてどう変化するか・・・よかったら、感想も教えてください(@^^)/~~~

お金はあの世へ持っていけない

今回ご紹介するのは、スペシャルな税理士・森川優先生の2冊目の著書となる『お金はあの世へ持って行けない』。名門税理士事務所の創業者であった、亡きお父様へ捧げた渾身の一冊です(*^_^*)

じつは、森川先生とはとっても仲良しで、先生の会社は私の顧問先でもあるのですが、とりわけ「発展する会社の顧問ができる数少ない税理士」として、ものすご~く信頼を寄せているんです。


s-okane.jpg


資本主義社会に生きる以上、「お金」の問題は一生ついてまわるわけですが、この本は単なる知識やノウハウの解説本に留まらず、お金との向き合い方、付き合い方を教えてくれる貴重な一冊です。

私もたくさん買って、顧問先に配ろうと思ってるくらいなんですが(笑)、とりわけ、現役の社長さんが引退に向かって「貯めたお金をどう使うか」は、相続の問題とも密接にかかわってくる重要事項なんです。

本書には、そのあたりのことが、ご自身の実体験プラス税理士ならではの視点でとても丁寧に書かれていますから、「生きたお金の教科書」として、ぜひ役立ててください。お金に関する知識や情報を持っているかどうかで、美しく人生の幕を下ろせるかどうかが決まってくるのです。

本書にもありますが、人間の死亡率は100%です。あの世へ持って行けるものって・・・いったいなんでしょう? つまりそれば、「使えるお金は使うに限る」ということでもあるのです!

実務的にも、ここまできちんとお金に関して必要な知識を網羅し、活きたお金の使い方を指南してくれている本はなかなか無いので、処女作の『社長必読! 会計は使えてナンボ』と併せて、ぜひ「一家に一冊」備え付けてください(@^^)/~~~

経営コンサルタント石原明 公式サイト 石原明.com
経営次進塾
キクタス