HOME > 『高収益トップ3%倶楽部』 > 勉強会情報 > 勉強会ダイジェスト(レポート) > 第159回目『高収益トップ3%倶楽部』東京勉強会

勉強会情報

勉強会ダイジェスト(レポート)

日時:2015年03月18日

第159回目『高収益トップ3%倶楽部』東京勉強会

今月のハイライト

企業の未来をつくる多角化・多事業化のススメ その1
150301.jpg

今回の東京勉強会は、『企業の未来をつくる多角化・多事業化のススメ その1』と題し、国内・国際情勢やマーケットの変化により、今後間違いなく起こりうる"経営者受難の時代"に立ち向かう術として、「多角化・多事業化」について、たっぷりと解説しました。

これは実話ですが、ある名門企業の事業継承者が企業を引き継ぐ時に、先代創業者から「引き継いでくれることはありがたいけど、先々この事業は無くなるよ!」とキッパリと告げられたそうです。・・・もしあなただったら、どんな行動を取ったでしょうか?

思わず「会社を継ぐのをやめたかも」なんて想像してしまった人もいるかもしれませんが、この彼は「現在の主力事業が利益を上げているうちに別の事業を立ち上げないと会社が終わってしまう」と考え、とにかく全力で多角化・多事業化に向かっていきました。その結果、現在は10を超える会社で20を超える事業を展開しています(*^^)v

彼曰く「もし先代が事業継承にあたってあんなふうに言ってくれていなかったら、会社の今は無かったと思う」・・・先代の「将来この事業はなくなるよ」という言葉に、心から感謝しているのです。そして今現在も、その言葉を胸に、ブレない経営を続けています。

じつは、この話はとっても大切な啓示を秘めた話で、少子化に伴う人口の大幅減少、国際間競争の激化、アジア・南米への大企業流出、円安、エネルギー改革など変化に富んだ社会情勢・経済情勢の中、日本中の会社が全てといってよいほど、今の事業だけでは縮小・衰退化していく可能性があることをよく理解してください!

150302.jpg

コンサルタントとして現場に携わる私は、現実問題として現在の事業継承とは"親が作った事業を守ること、一筋に継承していくこと"ではなく"親が作った事業を糧に、多角化・多事業化していくこと"ではないか、そして"多角化・多事業化することなしには事業継承は実現しない"のではないかと考えるようになりました。

事業継承者に限らず"今の事業はずっと継続すると考える経営"と"今の事業は早晩なくなっていく運命にあると考える経営"では、ひとつ一つ起こる事柄に対しての対応はすべて変わります。そしてこの違いは計り知れない違いを生み出すと思います。今回の勉強会では、具体的な事例を交えながら、多角化・多事業化のために必要な経営者の思考をレクチャーしましたので、参加してくれた方の発想は180度入れ替わったのではないでしょうか(*^_^*)

社員同士が目の前で揉めだした・・・社長のあなたはどうします?
150303.jpg

私は日頃から「経営者は一日も早く現場を離れるべきだ」と、口をすっぱくして言っているのですが、日本中を見渡すと、「社長はみんなと一緒に現場で働く人」「ひとつの事業に集中することがわが社のモットー」といった会社がじつに多いことに驚かされます。なかには、私の言うことを守って、我慢しながら現場を離れている社長もいるようですが(笑)、なんせ心は現場にあるので、何かきっかけがあれば、すぐさま現場に戻ろうとしてしまいます。

たとえばあなたが社長だったとして、社員同士が揉め事を起こした時、どうしますか? 日頃我慢して現場を離れている社長は、こんな時こそ自分の出番だとばかり、嬉々として仲裁に入るものです。2~3時間かけて両者の話を聞くのは当たり前、そのうち社長の武勇伝まで始まったりして・・・就業時間が終わる頃には「あー、今日も頑張って働いた!」という妙な達成感と、「やっぱりこの会社は私がいないとダメだな」などという妙な充実感に包まれる・・・というわけです。

150304.jpg

しかし、冷静に考えてみてください! この3時間の社長の行動は、ひとつも利益を生んでいないのだということに、いち早く気づくべきなんです。私が言うまでもありませんが、売上げと利益を上げるのが経営です。ですから、喧嘩している社員がいたら、「喧嘩するほどうちの会社は暇なんだ」と反省し、すぐさま外に出てビジネスの種を見つけに行くのが正解です。本当に忙しいと喧嘩している暇なんかありませんし、そもそも会社が儲かっていれば、社員にも笑顔と心の余裕が増えるはずです。

さらに耳の痛い話をしますが、私に言わせれば、研修や教育にハマっている社長は経営を放棄しているのと一緒です。経営者がすべき一番重要なところに向かってない、言い方を変えれば、そこから逃げているとも言えます。

では「経営者がすべき一番重要な仕事」とは何でしょう? 3%倶楽部会員の方ならもうおわかりだと思いますが、社長の仕事は会社の未来をつくること! つまり、社長が毎日現場で頑張っているようでは、その会社に未来はないわけですが・・・気になる続きは映像や音声でお楽しみいただけます。『高収益トップ3%倶楽部』の会員になっていただくと、映像や音声で勉強会の内容を何度も繰り返し復習できますので、ぜひ有効的にご活用ください(@^^)/~~~

参加者の感想

  • 大変勉強になりました。今後、リーダーの育成方法も学びたいです。
  • 私自身、耳が痛い話がたくさんありました。
  • 石原先生の本は誠実ですが、生のトークは少し不誠実でおもしろかったです(笑)。
  • とにかく衝撃的なお話でした!
  • 思考を大きく変えることができました。
  • 自分の方向性が間違っていない事が確認できました。
  • 絶対裏切らないナンバー2を見つけるというお話は、未知の情報でとても有益でした。
  • 自分の現状が、日本企業のグループ内の外資系の事務方と代表を1.5年やっていて、今日の話とまったく逆だったので、かなりの焦りを覚えました。一つずつ改善していきます。
  • オーナーとしての事業への取り組み方が変わりました。石原先生の創業時の話(アイデア・失敗談など)も、ぜひお聞きしたいです。
  • トップは事業に首を突っ込んではいけない、事業責任者をつくらなければいけない・・・かなりショッキングな内容でした。
  • 経営者が現場を離れることの大切さが身に沁みました。
  • 人に任せて自分は外に・・・の意味を今日ははっきりとわかりました。ありがとうございました。
  • 多くの事例と共に解説していただき、分かりやすかったです。さらに、石原先生の話し方・伝え方がとても勉強になりました。
  • 初めての参加でした。あっという間の時間でした。現在、当社は人材の流出が起きているのですが、いろいろ考えさせられました。気持ちだけで人を留めるのは難しいですね。
  • いずれは直接、ご相談に伺いたいです。
  • 今後の事業の展開について、多くのヒントをいただきました。

今後の勉強会予定

今後の開催予定・お申込みページをご覧ください。
一般の方のご参加もお待ちしております。早く定員に達することもありますので、できる限りお早めにお申込みされることをおすすめします。

詳細情報とお申し込みのご検討
入会をご検討の方へ
『高収益トップ3%倶楽部』会員様からの声
石原明の経営のヒントプレミアム ダイジェスト版
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』


  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み