HOME > 『高収益トップ3%倶楽部』 > 勉強会情報 > 勉強会ダイジェスト(レポート) > 第194回目『高収益トップ3%倶楽部』東京勉強会

勉強会情報

勉強会ダイジェスト(レポート)

日時:2018年02月07日

第194回目『高収益トップ3%倶楽部』東京勉強会

今月のハイライト

シェアリングビジネスについて考える
180201.jpg

今月の『高収益トップ3%倶楽部』東京の定例勉強会は"シェアリングビジネスについて考える"と題し、ここ数年いろいろな方面から沸き起こっている新しいビジネスの潮流であるシェアリングエコノミー型のビジネスを私の目線から読み解いてみました。シェアリングビジネスの基本的な考え方は"既にあるモノで使っていないモノがあれば、必要とする方に貸すことでお互いに幸せになる・・・"という思考の基につくられたビジネスです。貸す方は、使っていないモノから収益が得られ、使う方も買わないで貸してもらえるので料金が安い・・・これはとっても理想的なビジネスの形態となるわけです。

もちろん、このシェアリングビジネスが発展した背景には、インターネット(特にスマホ)の普及やネット上での決済システムの確立が大きなカギになったわけですが、今では空き会議室や事務所から、車、商業施設、野球場・・・はたまた無人島まで貸し出すほど、このシェアリングビジネスは発展してきているのをご存じでしょうか? また、このシェアリングからの思考の転換で、中古品がリユースという心地よい響きと共にメルカリなどのアプリからどんどん販売・購入出来るようになり、急激な発展を遂げています。さらには、最近はモノのシェアリングから、時間のシェア(=空いた時間)を使っていろいろなことをします・・・系のビジネスも加速してきていますよね。

180202.jpg

しかし、このシェアリングエコノミー型のビジネスでは、会社は儲かるけど、世の中は儲からない・・・(―_―)!! 経済社会全体を考えると、このシェリングビジネスは、新品が売れなくなる、正規のビジネスを破壊する、もう誰も会社に勤めなくなる?・・・というような恐ろしい影響力を持っていて、既存ビジネスの発展を著しく鈍化させ、国家的に見たらかなりのマイナスな状況を導きかねないということです。ハッキリ言うと、消費経済は「浪費」でできているわけですから、シェアやリユースが主流の世の中になると、資本主義経済自体が変容せざるを得ない状況になっていくと思うのです。この辺りの問題も踏まえ、これからますます加速する、このシェアリングビジネスの理想形は何処にあるのかなどを、今回じっくり検証したことは、大きな意味を持ったのではないでしょうか。もしかしたら、今回の勉強会の参加者の中から、新たなシェアリングビジネスを生み出す人がいるかもしれませんね。結果が出たら、ぜひ報告してください(#^^#)


会社の経営は年々"カンタン"になっている!?
180203.jpg

最近私は、IPO(新規上場)を目指す最先端企業のお世話もしているのですが、その中で強く感じるのは、社会全体のビジネスの立ち上げ方が大きく変わり、これ以降の社会に巨大企業はいらなくなるんじゃないかということです。すでにビジネスを展開するためのインフラが用意されていますし、ありとあらゆる便利なサービスも手軽に利用できる社会です。たとえば今日、とってもイケてる新商品を開発できたとして、これをどうやってお客様に届けようかと悩む必要はありませんよね。宅配便のスタッフが、留守であれば何度もそのお宅まで商品を届けてくれて、手数料さえ払えば代金回収までしてくれる・・・この流通インフラが整備されていなかった社会では、メーカーは商社や代理店、はたまた問屋さんの力を借りない限り、自社商品とマーケットをつなぐ手段がなかったわけですね。

そう考えると、新しくビジネスを立ち上げるのも、その会社を経営していくことも、年を追うごとにカンタンになってきていると思うのですが、近年は特に、スマホの課金システムやGPS機能などの既存インフラを使って、様々なサービスが展開されているのはご存じのとおりです。今や、人気レストランの周りには、必ずと言っていいほど【Uber Eats(ウーバーイーツ)】のスタッフが待機しています。彼らはみな、自家用車やバイク、スクーターなどで配達するわけですから、飲食店としても何ら初期投資をせずに、デリバリーサービスを始められるわけですね。働く側としても、自分の空き時間をシェアすることで、ひとつの会社に勤めるよりも、多くの収入を得られるようです。

180204.jpg

TIME TICKET(タイムチケット)】のインフラを使えば、「わたしの30分、売りはじめます。あなたの30分買ってみます」なんてことも手軽にできる世の中ですから、若いうちはひとつの会社に就職しないで、シェアリング型の発想で色々な仕事を経験しながら、自分の能力を極限まで磨くという働き方が主流となる時代が来るかもしれませんね。 また、50円でコーヒーが飲め、Wi-Fi完備の【SPACEE CAFÉ(スぺ―シーカフェ)】は、既存飲食店の空き時間を借りることで展開しています。つまり、新店舗をつくることなく、"アイデア"だけで立ち上げたビジネスなわけですが、このように既存インフラとシェアリング思考の掛け合わせで、誰も損せずにみんなが幸せになるビジネスアイデアは無限にあるんじゃないかと思うのですが・・・この続きは、映像や音声でお楽しみいただけます。また、『高収益トップ3%倶楽部』の会員になっていただくと、映像や音声で勉強会の内容を何度も繰り返し復習できますので、思いっきり有効活用してもらえるとうれしいです(@^^)/~~~

参加者の感想

  • インフラの整備がサプライチェーンを一変させてしまっているというお話を聞いて驚きました。欲をいえば、シェアリングエコノミーと資本主義経済の関係をもっと聞きたかったです。次回も参ります!
  • この勉強会に参加させていただくと、会社にいるだけでは考えられないヒントを与えてもらえます。「お客様に好かれることをベース」に現在の仕事ができているか? あらためて考えさせられました。
  • 4ステップマーケティングを用いてターゲットを決め、他を捨てることができるかどうか・・・自社サービスの強み、弱点を知った上で、もう一度考えてみたいと思います。
  • シェアリングビジネスの本質を知ることができました。ありがとうございました。
  • 「ビジネスの基本は心をつかむ、ファンを作ることである」と学ばせていただきました。
  • 「うそが通用しない時代、発信者の考えの意図が純粋であることが大切」というお話を聞いて、将来を明るく感じることができました。
  • 石原先生のやわらかいオーラが印象的でした。次回はうちの社長を連れて参加します!
  • シェアリングエコノミーに新しい働き方のカタチがあると思いました。働き方が大きく変わることを確信しました。

今後の勉強会予定

今後の開催予定・お申込みページをご覧ください。
一般の方のご参加もお待ちしております。早く定員に達することもありますので、できる限りお早めにお申込みされることをおすすめします。

詳細情報とお申し込みのご検討
入会をご検討の方へ
『高収益トップ3%倶楽部』会員様からの声
石原式ココスタディ
石原明の経営のヒントプレミアム ダイジェスト版
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』


  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み