HOME > 『高収益トップ3%倶楽部』 > 勉強会情報 > 勉強会ダイジェスト(レポート) > 第211回目『高収益トップ3%倶楽部』東京勉強会

勉強会情報

勉強会ダイジェスト(レポート)

日時:2019年07月08日

第211回目『高収益トップ3%倶楽部』東京勉強会

今月のハイライト

アフターデジタル中国レポート(1)
190701.jpg

今月と来月の『高収益トップ3%倶楽部』定例勉強会は、【アフターデジタル中国レポート】と題し、先月(2019年6月)訪れた中国北京の"今"を熱くレポートしてみたいと思います。 じつは私、日本経営合理化協会で『資産家・成功塾』というかなり高額なセミナーの講師をしているのですが(笑)、今回はその塾生さんを中心に、経営者ばかり25名ほど集まった視察団の"団長"を務めてきました(#^^#)

経営者の方はご存知かと思いますが、日本経営合理化協会 (創業理事長牟田学さんが設立)は、優良中小企業の経営者に向けに、各分野で活躍している著名なコンサルタント・経営者・実業家・各分野のスペシャリスト・著名人・著者・大学教授・・・etcを講師陣として、いろいろな分野のセミナー・勉強会・海外視察ツアー・期間を設けた塾などを60年間に渡って行っている名門セミナー会社です。

保有する顧客名簿は累計約60万件、ここ2年以内にセミナー参加もしくは本など何らかの購買・購入をした顧客が12万社というモンスター企業で、コンサルタントや著者はここで登壇することで一流の称号を与えられるような状況まで発生しています。私は4年前から6ヶ月間の『-100年続く企業と家系を創るための-資産家・成功塾』の塾長をしているわけです。現在9期が開催中で、述べ200人以上が参加したことになりますが、毎回リピート率が驚異の80%ということで、最近では100人規模で講義を行っています。

190702.jpg

こちらの塾では毎回、超優秀なベンチャー企業の経営者をゲストに呼んで世の中の変化をレクチャーしてもらっていますが、その中で特に注目されるのが現在のネットとリアルが融合し新しいマーケットを形成している中国事情で、ぜひ見て触れてリアルに体験してみようということになり、今回の視察ツアーとなったわけです。

このツアーは2019年6月18~21日の日程で行われたものですが、アテンダーには、中国を中心に多くの外国人旅行客を日本の飲食店に誘導している日本美食(株)のドン・ルー社長、ネットとリアルの融合をファッション業界から実践し、中国のアクセラレータープログラム(認められた外国企業が中国企業とどう協業するかを学ぶ数か月間の研修)に日本企業発で招待されたスタイラー(株)の小関社長、特別ゲストとして元SBI証券常務ネクストシフトの伊藤社長と、超々豪華メンバーでの視察となりました。

盛り沢山の視察をしてきたので、1回の勉強会では語り切れないことから、2ケ月連続で中国の最新事情をレポートする運びとなりました。今回参加できなかった方も、このダイジェストを熟読したうえで、ぜひ来月の勉強会に参加してください(@^^)/~~~

デジタル化が完璧に終わった社会はどこに向かうのか
190703.jpg

念のため、今回のタイトルにある【アフターデジタル】とは何かを解説しておきますが、端的に言えば「デジタル化が完璧に終わった社会」ということで、現在の中国ではデジタル化の次に【AI(人口知能)化】が起こっています。中国のAIレベルは、日本はもとより、アメリカさえも軽く抜かれてしまった感じです。

これからの社会は、人間の頭脳と人口知能がより近くなることは間違いないわけですが、この2つはどこが違うのかというと、人間の頭脳には"余計な情報"がたくさん詰まっているのに対し、AIには必要な情報しかデータベースに入っておらず、非常に"クリア"な状態で動いていることです。人間は生きているだけで、知覚・無知覚にかかわらず、様々な情報をインプットしてしまいます。感覚というセンサが、触れた情報すべてを拾ってしまうのです。 対して、コンピュータの場合は誰かが"入力"しない限り、情報がインプットされることはありません。そう考えると、人間の脳から不要な情報を消せば、もっとハイスペックに機能することは間違いないわけですが・・・じつはこれがNLP(Neuro Linguistic Programing=神経言語プログラミング)の本質であり、瞑想も脳から不要な情報を消すために必要みたいですよ。

190704.jpg

少し話しが逸れましたが、日本人も「自分の脳みそを入れ替える」勢いで臨まないと、これからの中国には勝てないんじゃないかと思います。今回の視察ツアーの何が良かったかというと、とにかくアテンダーがスペシャルだったこと。日本美食(株)のドン・ルー社長の北京人脈がものすごくて、通常だと開かない扉が開いてしまったうえに、スタイラー(株)の小関社長と共に2人の解説で、参加者のみなさんも、より深い洞察を得ることができました。 視察先もスペシャルで、先ごろアメリカナスダックで上場し、今話題の"ラッキンコーヒー"、アメリカのUber(ウーバー)を簡単に撤退させた配車サービスの"ディディ"や、アリババが展開するOMOスーパー"フーマー"、その他にも無人の書店など、絶対に今見ておきたいところばかりだったのですが・・・この続きは、映像や音声でご確認ください。『高収益トップ3%倶楽部』の会員になっていただくと、映像や音声で勉強会の内容を何度も繰り返し復習できますので、思いっきり有効活用してもらえるとうれしいです(@^^)/~~~

参加者の感想

  • 初めての参加でしたが大変良い学びの時間になりました。思考の広がりを得られました。また来ます!
  • 石原先生に一度お会いしてみたかったので参加させていただきました。最先端の情報に触れ、知的好奇心を満たされました。
  • 『アフターデジタル』」は久しぶりに面白い本だったので、もっと知りたいと思って参加しました。ありがとうございました!
  • 大変勉強になりました。
  • 千方集団の「顔認証」ビデオ等、最新、最先端の情報教えていただきありがとうございました。中国に対する固定概念が壊れました。「井の中の蛙」だと気づきハッとしました。打ちのめされました。知的好奇心をおおいに刺激されました。投資家の気質についてのコメントもなるほどと思いました。ありがとうございました。
  • 5年前まで北京に住んでいましたが、お話をお聞きして全く変わってしまったと感じました。発展のスピードが日本とまるで違うのですね・・・。
  • 本日はありがとうございました。
  • 中国の企業はどうやって勢力を広げるのか、日本と同じ方法なのか気になりました。
  • とてもびっくりしました!
  • 中国ベンチャー企業の突き抜け具合がすごかったです。
  • 自分は超アナログなのでホンマかなと思うぐらいのインパクトでした。
  • やろうとしていることが的を射ているかどうか、スケジュール管理を自分でしない、「今」と「未来」の両方に役立つコンテンツを考えている等、石原先生の珠玉のコメントを聞くことができました。
  • 中国のビッグデータ収集規模の大きさにびっくりしました。

今後の勉強会予定

今後の開催予定・お申込みページをご覧ください。
一般の方のご参加もお待ちしております。早く定員に達することもありますので、できる限りお早めにお申込みされることをおすすめします。

詳細情報とお申し込みのご検討
入会をご検討の方へ
『高収益トップ3%倶楽部』会員様からの声
石原明の経営のヒントプレミアム ダイジェスト版
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』


  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み