HOME > メールマガジン > バックナンバー > # 737 【自分にしかできない仕事がしたい】

バックナンバー

737【自分にしかできない仕事がしたい】

  • 最新号へ
  • 次の記事へ
  • バックナンバー一覧へ
  • 前の記事へ
  • 創刊号へ
■2018.01.09━━━━━━━━━━━━━━━■■■

[2002年創刊]日本初!本格的経営者向けメルマガ

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

-シリーズ第6弾!
多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう編-
               
■■■━━━━━━━━━━━━━読者数21,608名■

謹賀新年☆2018年もよろしくお願いいたします!
 
それでは、第737回のはじまり、はじまりです(@^^)/~~~

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
■【最新刊 好評発売中!!】□■□■□■□■□■

『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』
 石原 明(著)¥ 1,600円(+税)ダイヤモンド社
 http://www.amazon.co.jp/dp/447806749X/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<<大人気!石原明のポッドキャスト♪>>

◎毎週金曜日・無料版『経営のヒント+(プラス)』
「第416回 グローバル仕様の標準品と異なる方向性
の製品を、顧客から求められています」
http://www.ishihara-akira.com/plus/002967.php

◎毎月27日・有料版『経営のヒント プレミアム』
「第80回 これからの時代の"ブランディング"を考える」
http://ishihara-akira.com/premium/program/171227/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今週のポイント>

★自分にしかできない仕事がしたい

★自分にしかできない働き方を追求する

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

新年も今日から本格始動といった感じですが、今年は
どんな一年にしたいですか?

まだ先だと思っていた2020年も近づき、国際化が大きく
進む一年になると思いますが、その中で自社のやるべき
ことを考えるためには、情報の先取りが要となります。

そこで、私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の
今月の勉強会は【石原明の未来予測!2018年はどうなる
のか?】というテーマを取り上げます。

★16日(火)東京勉強会
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=571

★22日(月)大阪勉強会
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=572


今年最初の勉強会ですので、ぜひ元気なお顔を見せて
ください。会場でお待ちしています!


それでは、今週もみなさんの1週間の仕事がスムーズ
に進むように、まずはいつもどおり頭の体操「Q&A」
コーナーからスタートです(@^^)/~~~

今回は前回の回答の続きです。昨年末のことなので(笑)、
まずはこちらから復習してください↓
http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/detail.php?seq=736


■今週の質問━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃IPOの条件とは何でしょう?
┃ ┃成功していく会社の見分け方を教えてください
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ズバリ! IPOの条件とは何でしょうか? 

時代のスピードがますます加速するなかで、
みるみるうちに大きく成功していく会社と、
そうでない会社の違いが気になります。


 あなたならこの質問にどうお答えになりますか?
     ★私の答えは、最後にありまーす(^_^)/~


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■ぼくだったら、そこは、うなづかない。<<Vol.133>>

--《前回の復習》-------------------------------

◎自分にしかできない働き方をする!
⇒「自分にしかできない働き方をする」とは、自分
  に与えられた仕事を【どう解釈するか】ってこと
  なんです。

◎仕事を通して社会に提供できる価値
⇒あなたが今の仕事を通して、社会に提供できる価値
  とは何でしょう? じっくり考えてみてください。

-----------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「自分にしかできない仕事がしたいんです。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼▼
▽▽
▼▼
╋╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋╋
  
  大切なのは、自分にしかできない
           働き方なんじゃないかな。

╋╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋╋

前回の最後に「あなたが今の仕事を通して、社会に
提供できる価値とは何でしょう? 」という宿題を
出しましたが、考えてみましたか?

「自分にしかできない仕事がしたいんです!」という
若者に出会うことがありますが、往々にして、その
言葉の解釈が間違っていたります。

世の中に仕事は山ほどあって、選び放題です。

だからといって、みんながみんな自分らしい仕事に
出会えるかと言えば、残念ながら、そんなことは
ありません。

しかし、大事なのは、どんな仕事に就くかではなく、
どんなふうに働くかですよね。

そう考えると、先の言葉の意味も、違ってくるんじゃ
ないでしょうか。

成功する人に共通しているのは、一般的なイメージで
仕事をとらえず、自分の解釈を入れていること。

そのうえでゴールをどこに置くか、そこに向けてどの
ように攻めるのかを考えているんです。

それは、どんな仕事に就いてもまったく変わりはなく、
アルバイトでも事業部長でも同じように独自性を発揮
します。

間違いなく言えるのは、自分にしかできない働き方を
追求すると、楽しさは格段に増すってことなのですが
・・・この続きは、また次回、お話しま~す(@^^)/~~~


■■■━━━━━━━━━━━━次号に続く・・・■

■勉強会のご案内━━━━━━━━━━━━━■■■

★私が主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会。
 東京・大阪・名古屋で月1回の開催を積み重ね17年
 になりました! 
 参加費は3千円(ビジター参加6千円)です。
 興味のある方は、ぜひご参加ください。

◎1月のテーマ:
 『石原明の未来予測!2018年はどうなるのか?』

■東京第193回 :1月16日(火)18:30~20:30
「東京国際フォーラム」 G402号
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=571

★東京会場では、勉強会終了後に懇親会があります!★

☆過去の東京勉強会の様子は「勉強会ダイジェスト」で☆
http://www.ishihara-akira.com/club/study/digest/index.html


■大阪第194回 :1月22日(月)18:30~20:30
「大阪産業創造館」 5F 研修室C
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=572


========================
★書籍・CD・経営情報レポート合冊本購入に際して
 
石原明.comサイトからの書籍等の購入に際して、
クレジット決済が可能になり、配送料が無料になりました!
>>> http://www.ishihara-akira.com/shop/index.php

◆『「成功曲線」を描こう。夢をかなえる6つの黄金律』
 セミナーDVDの購入が可能です!

◆合冊本3冊以上ご購入で、「石原明オリジナル書き
 下ろしプレミアムメッセージしおり」をプレゼント!
========================


■セミナーのご案内[1] ━━━━━━━━━━■■■

************************************************

【中小企業限定セミナー】
    人事評価制度で目指せ社員育成!
ノウハウ公開中!
  
************************************************

中小企業において、社員育成は大きな課題の一つです。

社員自身が思っているイメージと上司がその社員に
抱いているイメージにかい離があることはありませんか?

実は、そのかい離を小さくしていくことが
社員育成の大きなポイントになるんです。

キーワードは、「自己認知力」を高めてもらうこと。

自分がどんな人間か? セルフイメージに加え、
他者のイメージをも取り込むことで、視野の幅が格段に
拡がるんですね。そうすると、社員はさらに成長する。

「自己認知力」を高めることは、
人事評価制度をうまく使えば、実現できるんです。

そんな人事評価制度を使って社員育成を行う利点や、
人事評価制度を成功に導くポイントを盛り込んだセミナー
を開催します。

弊社が10年にわたる人事評価制度導入の現場から導き
出したノウハウを凝縮してお届けして参ります。

------------------------------------------------

●開催日程:1月30日(火)15時~17時(開場14:45~)
2月22日(木)15時~17時(開場14:45~)

●参加費用:1名 3,000円(税込・当日現金払い)

●定員:5社(先着順)

------------------------------------------------

詳細・お申し込みはこちら
⇒ http://www.jinji-hyouka.com/seminar.html

------------------------------------------------


■セミナーのご案内[2] ━━━━━━━━━━■■■

************************************************

【実践】経営計画書作成ワークショップ
       (半日コース)
  
************************************************

みなさまからのご要望にお応えし、「経営計画書づくり」
を半日で学べる特別プログラムをご用意しました(*^^)v
  
講師は「経営次進塾」メイン講師の武沢信行氏。
  
事前課題や終了後1週間のオンラインフォローにより
半日でも完成度の高い「経営計画書作り」を目指します。

他にはない自分だけの経営計画書は、これからのビジ
ネス界で最強の武器になることでしょう。

------------------------------------------------
●開催日:2018年 1月25日(木)
   
●時 間:12:00~19:00(開場:11:45~))

●定 員:15名

●受講料:27,000円(税込)

●会 場:神保町駅近隣
     (お申込の方には別途ご案内いたします)
------------------------------------------------
 ★詳細&セミナーのお申込みはコチラから★
      ↓  ↓  ↓
  http://www.nextcollege.jp/c/bp-cource
-----------------------------------------------

-------------★★次回の開催予告★★------------

『【実践】経営計画書作成ワークショップ(半日コース)』

★好評につき、今春以降も定期開催が決定しました!
★参加者のご要望に応えて、内容を更に充実!

<開催概要予定>  
●開催予定日:3/8(木)5/10(木)7/5(木)
●開催時間 :12:00~19:00
●定 員  :10名
●参加費  :43,200円(税込)

※詳しくは、1/29配信のメルマガでご案内いたします。  
-----------------------------------------------


■今週の回答━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃IPOの条件とは何でしょう?
┃ ┃成功していく会社の見分け方を教えてください
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃A┃【回答その2】
┃ ┃  最終的には“経営者の思考が転換点を
┃ ┃   超えているか?”ということでしょう!
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 私が考えるIPOの条件ですが、それは、最終的には
 “経営者の思考が転換点を超えているか?”という
 ことになると思います。

 よい機会ですので、この辺りを今回は少し詳しく
 解説してみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇まずは前回のおさらいですが、今回の質問には専門家
 の一般的な回答とは別に、私なりの独自の視点からの
 回答をしたいと思います・・・ということで回答は
 始まったのですが、回答に入る前に、3タイプある
 経営のやり方を解説するという所からスタートしま
 したね(p_-)

〇3つのタイプの最初は、多くの中小企業が行っている
 経営のやり方で、自己資本を中心に経営し売上げ・
 利益を基に、徐々に規模を大きくして行くというやり方
 でしたね。

 これは、発展より安定、冒険よりも危険を冒さないで
 安全性を重視した経営で・・・イメージですが中小企業
 の70~80%がこのような経営をしていると思います。

〇そして、2番目の経営のやり方が、銀行など金融機関
 から融資を受けて会社の発展を目指すという経営のやり
方です。

 このやり方は最初の自己資金のみで会社を経営して行く
 やり方よりもずっと速く規模の拡大が目指せますので、
 勝てるビジネスモデルを中心に安定よりも前向きな発展
 を重視するという経営のやり方となります(p_-)

〇もちろん、このやり方は当然として毎月借り入れをした
 銀行等に返済をしていかなければなりませんし、発展と
 共に借り入れも多くなって行きますので、ある種ブレーキ
 をかけながら経営するという状況になって行くのが特徴で
 ・・中略・・優良中小企業の経営のやり方と言ったら良く
 分かると思います。

 また、優秀な経営者であればできる、可能な経営スタイル
 ということになるわけです(^_^)/

〇最後のIPOする会社の経営のやり方は、この2つの経営
 のやり方とまったく違います。またそのやり方が一般的
 な経営のやり方と全然違うので、中小企業の経営者の方
 はかなり驚いたりするわけですが、その辺りを含めて
 次回に解説したいと思います。

 という所まで回答は進んでいましたよね(p_-)

〇では、その3番目の経営のやり方の解説に入りますが、
 この経営のやり方がまさに今回、取り上げている“IPOする
 会社の経営”のやり方となります。

 どんな方法を取るかというと、一般マーケットから資本金
 として資金を調達し、一気にビジネスを加速させて上場
 まで最短で持って行くという方法です。

〇一番分かり易い表現とすると、目の前の売上や月次の会計
 などは無視して、集めた資金を使いながら(燃やしながら
 ・・・とも言います)上場に向けてノンストップで走り続
 ける、資金が足りなければ、売上げを上げる代わりに、
 また一般マーケットから調達して継ぎ足していくという
 経営のやり方です(p_-)

〇当然、資金調達ができなければビジネスをスケールすること
 はできないので、通常は、最初のビジネスアイディアをテスト
 して小さく具現化できるところまでは、ベンチャー起業家が
 自己資金(手金)でビジネスを構築する(・・・小さな事実
 までは、この形で進めて行き)その根拠をもって資金調達に
 入る感じになることが多いですね。

 ちなみに、エンジェル投資家というのは、プランに投資する
 ・・・根拠作りの段階から資金を出す人達のことを言います!(^^)!

〇ここまでの解説をもっと臨場感あふれるストレートな言い方に
 アレンジすると、IPOを目指すベンチャー起業家は、まず限られ
 た手持ちの資金で自らのアイディアを実現させるのに必要な資金
 を集められるところまで進む、その場合は資金を1円でも無駄に
 使いたくないのでオフィスは当然無し、人も必要なら最小限の
 人間を説得し、タダ同然で雇い(極端な場合は、だまして連れて
 くる?とも言いますが・・・)着の身着のままで昼も夜もなく
 働く、という感じになりますが、これが、ほぼ正しい表現と
 言えると思います(─_─)!!

 どうですか? かなり、臨場感が伝わって来ましたよね。
 ということで、回答は次回に続きます。


★みなさんからのご意見、そして質問もお待ちしてます!
 ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp


■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■【献本に感謝!】□■□■□■□■□■□■□■□

◎SK式 ソーシャルケア接客 ~すべてのサービス
 業界にかかわる方へ~/ 川西 収治(著) /
 社会福祉法人基弘会  / 1,500円(税別)
https://www.amazon.co.jp/dp/4990967100
 ※帯には私の推薦文が(#^^#)↑ ↑ ↑

◎最高のリーダーが実践している「任せる技術」/
 麻野 進(著) / ぱる出版  / 1,400円(税別)
https://www.amazon.co.jp/dp/4827210837

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』は、ビジ
 ネスセンスを磨き、勝てるビジネスモデルやマーケ
 ティングロジックを発想できるようになるための、
 毎月の各種情報提供を基にした、経営やマーケティ
 ング能力を最短で身につけていただくための年会費
 制の勉強会です(*^^)v

☆2000年に発足し今年で丸17年を迎えます。会員数は
 現在1,300名以上。毎月行われる東京、大阪の勉強会
も190回を超えています。
 
☆ご興味のある方は、こちらをじっくりお読みになっ
 てみてください。
  http://ishihara-akira.com/ttcl/

☆入会に関するお問い合わせなどはこちらまで。
  (担当:吉川)
⇒ top3club@nihonkeiei-lab.jp
  Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━■■■

〇毎月27日には、有料版ポッドキャスト『経営のヒント 
 プレミアム』をお届けしています♪ 最新版は
 【これからの時代の"ブランディング"を考える】
 こちらも参考にしてください。
http://ishihara-akira.com/premium/program/171227/


             それではまた来週で!(^^)!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------
■石原明のオフィシャルマガジン【不定期情報通信】あ
  http://www.ishihara-akira.com/magazine_irreg/
------------------------------------------------
■ポッドキャスト『石原明の経営のヒント+(プラス)』
 金曜配信♪
 http://www.ishihara-akira.com/plus/
◎不定期配信『石原明の経営のヒント グローバル』
 http://www.ishihara-akira.com/global/
◎毎月27日『石原明の経営のヒント プレミアム』
 http://ishihara-akira.com/premium/
------------------------------------------------
■石原明の「オーディオブック」発売中♪
 『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』
  >>> http://www.febe.jp/product/190649
------------------------------------------------
■【Facebook】石原明.com
 https://www.facebook.com/ishihara.akira.author
------------------------------------------------
■ブログ「経営のヒント」
 http://www.ishihara-akira.com/blog/
------------------------------------------------
■石原明の知的経営の切り口
 http://board03.keikai.topblog.jp/
------------------------------------------------
■著書・発行物一覧
 http://www.ishihara-akira.com/shop/

◎『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』
 (ダイヤモンド社 \1728)
http://www.amazon.co.jp/dp/447806749X/ 

◎『ぼくだったら、そこは、うなずかない。』
 (ぼくら社 \1512)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4833441225/

◎『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』
 (中経出版 \1512)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4806148571/

◎『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』
(中経出版 ¥648)
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4806144428/

◎『すべてが見えてくる飛躍の法則 
ビジネスは、<三人称>で考える。』
 (アスペクト \1512)
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757220936/
------------------------------------------------
■メルマガバックナンバー:
http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/index.php
------------------------------------------------
■メルマガ登録・解除
http://www.ishihara-akira.com/magazine/
------------------------------------------------
■ご意見・ご感想は ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp
------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】僖績経営理舎株式会社
     (日本経営教育研究所)
     http://www.nihonkeiei-lab.jp/
     
     〒101-0003 千代田区一ツ橋2-4-3 10F
     Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
     営業時間: 10:00~18:00

【発行責任者】経営コンサルタント 
       石原 明 Akira Ishihara
       http://www.ishihara-akira.com/

■━━━━━━━━━━━━━Copyright (C) 2018■
このメルマガに掲載された記事の内容を許可なく転載
することを固く禁じます。事前にお問い合わせ下さい。
  • 最新号へ
  • 次の記事へ
  • バックナンバー一覧へ
  • 前の記事へ
  • 創刊号へ
石原式ココスタディ
石原明の経営のヒントプレミアム ダイジェスト版
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』


  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み