HOME > メールマガジン > バックナンバー > # 821 【失敗の先にチャンスがある】

バックナンバー

821【失敗の先にチャンスがある】

  • 最新号へ
  • 次の記事へ
  • バックナンバー一覧へ
  • 前の記事へ
  • 創刊号へ
■2019.10.07━━━━━━━━━━━━━━━■■■

[2002年創刊]日本初!本格的経営者向けメルマガ

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

-シリーズ第6弾!
多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう編-
               
■■■━━━━━━━━━━━━━読者数20,793名■

先週は休刊だったので、久しぶりな感じです(#^^#)

それでは、第821回のはじまり、はじまりです(@^^)/~~~

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
 <<大人気!石原明のポッドキャスト♪>>

◎毎週金曜日・無料版『経営のヒント+(プラス)』
「第507回 優良企業の多くが拠点に選ぶなど、
 なぜ今、福岡が熱いのでしょうか?」 
http://www.ishihara-akira.com/plus/003326.php

◎毎月27日・有料版『経営のヒント プレミアム』
「第101回 IPOを目指すベンチャー経営者と付き合って
 見えてきたこと」
http://ishihara-akira.com/premium/program/190927/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今週のポイント>

★ポストイットは失敗の賜物!?

★失敗の先にチャンスがある

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

ひと雨ごとに秋も深まりますが、そろそろ来年を
視野に入れた動きをしていきたいですね。

そんな中、17日(木)は、私が主宰する『高収益
トップ3%倶楽部』の大阪勉強会です。

今回のテーマは【AI=人工知能から考える脳の活用法】

これを知っているか知らないかで、あなたの来年が
大きく変わりますので、ぜひ時間をつくってリアル
勉強会に参加してください!

★大阪勉強会:10月17日(木)18:30~20:30
「大阪産業創造館」 5F 研修室D
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=622


それでは、今週もみなさんの1週間の仕事がスムーズ
に進むように、まずはいつもどおり頭の体操「Q&A」
コーナーからスタートです(@^^)/~~~


■今週の質問━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃これまでネット集客に頼っていたのですが、
┃ ┃     今後は方針転換すべきでしょうか?
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最近の石原先生が発信する情報から、ネットとリアル
 の立ち位置が大きく変わっていくことをようやく理解
 しました。

 「リアル重視」で考えた時に、最初の集客の方法は
 どうすべきでしょうか? 

 弊社はこれまでネット集客に頼り切っていたので、
 その方針を変えるべきか悩んでいます。そのあたり
 をご指南いただけると幸いです。


 あなたならこの質問にどうお答えになりますか?
     ★私の答えは、最後にありまーす(^_^)/~


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■ぼくだったら、そこは、うなづかない。<<Vol.217>>

--《前回の復習》-------------------------------

◎とかく失敗に厳しい人事評価制度
 企業の人事評価もそうですが、チャレンジして失敗
 した人より、「何もしない人」の評価が高ければ、
 誰もチャレンジなどしなくなって当然です。

◎失敗した人に次のチャンスを積極的に提供する
 これがアメリカだとまったく逆で、失敗した人の
 ほうが慎重でいろいろ考えるはずと、次のチャンス
 を積極的に提供します。

-----------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  「失敗のないように、手堅く、手堅く。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼▼
▽▽
▼▼
╋╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋╋
  
    あなたはすでに、失敗している。

╋╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋╋

前回は、日本という国は失敗に厳しい社会である、
というお話をしました。

そんな中で、モノゴトの結果は「成功」と「失敗」の
2種類しかないと考えていると、すご~く生きにくい
社会に感じてしまいますよね。

そこで私がおすすめしたいのは【試しにやってみる】
というスタンスです(*^^)v

最初からうまくいくはずはないけれど、とにかく試して
みようと思うことが重要なんです。

世の中でヒットしている商品やサービスには、最初は
「失敗作」だったモノが意外とたくさんあるんですよ。

たとえば、付箋紙のポストイットは、失敗の賜物です。

強力な接着剤の研究を行っていた研究員が、失敗を繰り
返した結果、「よく付くが、簡単にはがれる」奇妙な
接着剤が誕生したのです。

その開発から5年後、同僚の研究員に「讃美歌集のしおり
として使えるのではないか」というアイデアが閃きます。
その後「糊の付いたしおり」を付箋紙やメモ用紙として
製品化することを考えついたそうです。

そう、失敗こそがチャンス。失敗の先にチャンスがある
ものです!

すべてのビジネスは「トライ&エラー」の繰り返しで
磨かれていくわけですが・・・この続きはまた次回、
お話しま~す(@^^)/~~~


■■■━━━━━━━━━━━━次号に続く・・・■

■勉強会のご案内(1) ━━━━━━━━━━■■■

★私が主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会。
 東京・大阪・名古屋で月1回の開催を積み重ね19年
 になりました! 
 参加費は3千円(ビジター参加6千円)です。
 興味のある方は、ぜひご参加ください。

◎10月のハイライト:AI=人工知能から考える脳の活用法

■大阪第215回 :10月17日(木)18:30~20:30
「大阪産業創造館」 5F 研修室D
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=622


◎11月のハイライト:NETスマホ時代の時間経営

■東京第215回 :11月5日(火)18:30~20:30
A東京 国際フォーラム G402号
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=623

 ※会場が「東京国際フォーラム」に戻りました※

★東京会場では、勉強会終了後に懇親会があります!★

☆過去の東京勉強会の様子は「勉強会ダイジェスト」で☆
http://www.ishihara-akira.com/club/study/digest/index.html


========================
★書籍・CD・経営情報レポート合冊本購入に際して
 
石原明.comサイトからの書籍等の購入に際して、
クレジット決済が可能になり、配送料が無料になりました!
>>> http://www.ishihara-akira.com/shop/index.php

◆『「成功曲線」を描こう。夢をかなえる6つの黄金律』
 セミナーDVDの購入が可能です!

◆合冊本3冊以上ご購入で、「石原明オリジナル書き
 下ろしプレミアムメッセージしおり」をプレゼント!
========================


■勉強会のご案内(2) ━━━━━━━━━━■■■

************************************************

 時代の変化に対応できるビジネスリーダーを育成
   【INNER DIVINGアカデミア】のご案内

************************************************

エグゼクティブ メンタルトレーナーの秋山ジョー賢司氏
による新スタイルの勉強会がスタートしています。

これまで社長・経営者に限定して「ビジネスコーチング
プログラム」を提供してきた秋山氏が、20年にわたり
研究・開発してきた実践的知識を毎月学べる勉強会。

この【INNER DIVINGアカデミア】では、時代の大きな
変化に対応できるビジネスリーダーを育成するため
「ヒト」のメカニズムに軸足を置きながらも、
組織マネジメント、営業、お金、ビジネスモデルなど、
幅広い横断的なビジネス情報をお伝えしていきます。

今月のテーマは『稼げる人のマインドとは?』

「絆」や「つながり」、「コミュニティ」といった概念
が改めて注目される中で、金融資本だけでなく社会資本
の重要性が見直されている時代において、

●「稼ぐ」ことの意味
●「豊か」とは何なのか?

そんな大きなテーマからはじまり、「稼ぐための方法」、
「稼ぐためのマインド」など具体的なお話もお伝えします。

リアルの場でしか味わえない臨場感あふれる会場に、
ぜひお越しください!

=================================================

■日時:10月16日(水)18:00~20:00
             (開場17:45~)

■場所:東京都内「神保町駅」周辺 
    (詳細につきましては別途ご案内いたします)

■定員:30名限定(先着順)

■参加費:ビジター 6,000円 会員 3,000円
(税込・当日現金払い)

★詳細・お申し込みはこちら
>>>https://innerdiving.com/academia/?=20191007

=================================================


■今週の回答━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃これまでネット集客に頼っていたのですが、
┃ ┃     今後は方針転換すべきでしょうか?
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃A┃【回答その3】
┃ ┃成果が出ているならネット集客を続け、
┃ ┃   新たに「リアル集客」を追加しましょう
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 こちらの質問ですが、方針を変えるべきか?という
 ことと、リアルな集客の方法は何か?という2つの
 項目に分けて回答します。

 1つ目は方針についてですが、方針を変える必要は
 ありません。

 ネット中心で成果が出ているならそれは続けて、
 新たにリアルな集客方法を追加すれば良いだけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○今回も前号までの続きとなりますが、このメルマガ
 Q&A初の「脱線回答 (スピンアウト回答)」です。
 人気ドラマのスピンアウト企画のようで、なんか
 楽しい気分で回答したいと思いま~す。

 前回までの内容はコチラから↓
★回答その1 
http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/detail.php?seq=819
 
★回答その2
http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/detail.php?seq=820


〇というわけで、日本の楽天と中国のアリババが取った
 戦略がまったく違っていて面白い・・・というところ
 から、少し脱線して回答を続けます。

〇ココまでの解説では、ネットはリアルから100%移行
 すると思われましたが、実際にはせいぜい20%だった
 という話でした。

 日本のネット王者、楽天はココからどういう方向に
 舵を切ったかというと、ネットでできることは全て
 やったので、ネットでネットの普及を促すのはこれ
 以上は無理、じゃあ後はテレビCMだということで
 マスへの展開に向かったわけです。

〇それまでは、ネットとTV&新聞などリアルな広告媒体
 は敵対していて、相容れない状態でしたが、ネットの
 普及に限界を感じた大手ネット企業がTV局買収などの
 動きを見せたのもこんな背景があったからですね。

〇余談ですが、私はこのちょっと前に“民放連
 (=一般社団法人日本民間放送連盟)”でこれからの
 TV業界の方向をどうするべきかと講演したこと
 があり(あ、ちょうど電通の時価総額をヤフーが抜いて
 しまった時ですね)、その時に今は産業の交代期にあり、
 古い産業の大企業のCMは一時的に少なくなっている
 けれど、新しい産業が出て来てCMをやるから大丈夫です
 と回答。「その新しい産業はネットです。ネット企業が
 大量にCMやるから大丈夫ですよ」と答えたんですが、
 まったく信じてもらえなかったことを思い出しました(笑)

〇この辺りが歴史的な変化として、一時経済誌などで良く
 取り上げられていましたよね。

 ここから更にネットの普及率を上げるために、野球
 チームの買収とかにも動くわけですが、限界に達した
 ネットを、ネット以外のやり方で普及しなければならず、
 今後この努力にいくらお金がかかるか分からない、
 ということで、おおよそ日本の半分くらいのマーケット
 を取ったと判断した楽天は、金融ビジネスへと大きく舵
 を切るわけですね。

〇この流れが、銀行の設立、楽天カードの普及や今騒が
 れているキャッシュレスへと繋がっていきます。

 これに対して、当時中国のアリババが取った戦略は、
 今となっては流石としか言いようのないことなのですが、
 あっと驚く戦略でした!

 ということで、回答は次回に続きます。


★みなさんからのご意見、そして質問もお待ちしてます!
 ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp


■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』は、ビジ
 ネスセンスを磨き、勝てるビジネスモデルやマーケ
 ティングロジックを発想できるようになるための、
 毎月の各種情報提供を基にした、経営やマーケティ
 ング能力を最短で身につけていただくための年会費
 制の勉強会です(*^^)v

☆2000年に発足し今年で丸19年を迎えます。会員数は
 現在1,300名以上。毎月行われる東京、大阪の勉強会
も200回を超えています。
 
☆ご興味のある方は、こちらをじっくりお読みになっ
 てみてください。
  http://ishihara-akira.com/ttcl/

☆入会に関するお問い合わせなどはこちらまで。
  (担当:吉川)
⇒ top3club@nihonkeiei-lab.jp
  Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━■■■

〇秋の夜長、私の音声プログラムもぜひ有効活用して
 ください♪
 >>> http://www.ishihara-akira.com/hint/

             
             それではまた来週!(^^)!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------
■石原明のオフィシャルマガジン【不定期情報通信】
 http://www.ishihara-akira.com/magazine_irreg/
------------------------------------------------
■ポッドキャスト『石原明の経営のヒント+(プラス)』
 金曜配信♪
 http://www.ishihara-akira.com/plus/
◎不定期配信『石原明の経営のヒント グローバル』
 http://www.ishihara-akira.com/global/
◎毎月27日『石原明の経営のヒント プレミアム』
 http://ishihara-akira.com/premium/
------------------------------------------------
■石原明の「オーディオブック」発売中♪
 『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』
  >>> https://audiobook.jp/product/190649
------------------------------------------------
■【Facebook】石原明.com
 https://www.facebook.com/ishihara.akira.author
------------------------------------------------
■ブログ「経営のヒント」
 http://www.ishihara-akira.com/blog/
------------------------------------------------
■石原明の知的経営の切り口
 http://board03.keikai.topblog.jp/
------------------------------------------------
■著書・発行物一覧
 http://www.ishihara-akira.com/shop/

◎『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』
 (ダイヤモンド社 \1728)
http://www.amazon.co.jp/dp/447806749X/ 

◎『ぼくだったら、そこは、うなずかない。』
 (ぼくら社 \1512)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4833441225/

◎『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』
 (中経出版 \1512)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4806148571/

◎『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』
(中経出版 ¥648)
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4806144428/

◎『すべてが見えてくる飛躍の法則 
ビジネスは、<三人称>で考える。』
 (アスペクト \1512)
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757220936/
------------------------------------------------
■メルマガバックナンバー:
http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/index.php
------------------------------------------------
■メルマガ登録・解除
http://www.ishihara-akira.com/magazine/
------------------------------------------------
■ご意見・ご感想は ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp
------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】僖績経営理舎株式会社
     (日本経営教育研究所)
     http://www.nihonkeiei-lab.jp/
     
     〒101-0003 千代田区一ツ橋2-4-3 10F
     Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
     営業時間: 10:00~18:00

【発行責任者】経営コンサルタント 
       石原 明 Akira Ishihara
       http://www.ishihara-akira.com/

■━━━━━━━━━━━━━Copyright (C) 2019■
このメルマガに掲載された記事の内容を許可なく転載
することを固く禁じます。事前にお問い合わせ下さい。
  • 最新号へ
  • 次の記事へ
  • バックナンバー一覧へ
  • 前の記事へ
  • 創刊号へ
石原明の経営のヒントプレミアム ダイジェスト版
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』


  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み