HOME > メールマガジン > バックナンバー > # 836 【経営者はどこまで目線を上げたら良いか】

バックナンバー

836【経営者はどこまで目線を上げたら良いか】

  • 最新号へ
  • 次の記事へ
  • バックナンバー一覧へ
  • 前の記事へ
  • 創刊号へ
■2020.01.27━━━━━━━━━━━━━━━■■■

[2002年創刊]日本初!本格的経営者向けメルマガ

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

-シリーズ第7弾!
ビジネスで飛躍的な成果を上げる<三人称>視点・編-
                     
■■■━━━━━━━━━━━━━読者数20,811名■

1月も最終週。寒さに負けず活動的に行きましょう!

それでは、第836回のはじまり、はじまりです(@^^)/~~~

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
 <<大人気!石原明のポッドキャスト♪>>

◎毎週金曜日・無料版『経営のヒント+(プラス)』
「第523回 "もう一段上のレベルの"4ステップ
 マーケティングを教えてください」 」
http://www.ishihara-akira.com/plus/003381.php

◎毎月27日・有料版『経営のヒント プレミアム』
「第105回 ネットシステム・AI テクノロジーが
導く加速度的に進化する世界への入口」
http://ishihara-akira.com/premium/program/200127/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今週のポイント>

★これぞ石原明の頭の中身!

★経営者はどこまで目線を上げたら良いか

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

時代のスピードがますます加速する中、時代の変化
に対応できるビジネスリーダーの育成を目指した
【INNER DIVINGアカデミア】が好評です(#^^#)

【INNER DIVINGアカデミア】は、エグゼクティブ
メンタルトレーナーの秋山ジョー賢司氏による
新スタイルの勉強会。

2月は『組織マネジメント論~組織は縦糸と横糸で
できている~』と題して、「組織」のスペシャリスト
井上 健一郎氏をお招きして、「組織マネジメント」
について語り尽してもらいます!

じつは、勉強すればするほど、知識が増えるほど、
結果的にどんどん分からなくなってくるのが組織論
だったりします。

その答えは、組織について「思考する」ための枠組み。
つまり、「フレームワーク」にあるのです。

2人のプロと一緒に、思考プロセスを学んでみませんか?

=================================================

■日時:2月18日(火)18:00~20:00
             (開場17:45~)

■場所:東京都内「神保町駅」周辺 
    (詳細につきましては別途ご案内いたします)

■定員:30名限定(先着順)

■参加費:ビジター 6,000円 
INNER DIVING会員 3,000円
     (税込・当日現金払い)

★詳細・お申し込みはこちら
>>> https://innerdiving.com/academia/?=200127

=================================================


それでは、今週もみなさんの1週間の仕事がスムーズ
に進むように、まずはいつもどおり頭の体操「Q&A」
コーナーからスタートです(@^^)/~~~


■今週の質問━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃若者が人称を上げるために考えるべきこと、
┃ ┃  学ぶべきことを具体的に教えてください! 
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 若者が「人称」を上げるために考えるべきこと、
 学ぶべきことは何でしょうか? 

 「人称」に付いては先生のポッドキャストやプレミアム
 でもたくさん取り扱われているテーマではありますが、
 もう少し具体的なアドバイスをいただけると嬉しいです。


 あなたならこの質問にどうお答えになりますか?
     ★私の答えは、最後にありまーす(^_^)/~


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■すべてが見えてくる飛躍の法則 
ビジネスは、<三人称>で考える。<<Vol.004>>

--《前回の復習》-------------------------------

◎目線を高く、ものごとを引いて考える
 私はコンサルティングの現場で、「もっと目線を
 高くしてください」とか「ものごとを引いて考え
 ましょう」といった表現をよく使います。

◎「人称」を理解すると“石原脳”に近づく!?
 私が心理学も詳しく、数年前に「人称」という
 キーワードにたどり着いたことから、“石原脳”を
 コピーするための糸口が見つかりました(#^^#)

-----------------------------------------------

今年から、私の著作『すべてが見えてくる飛躍の法則 
ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)を
教材として取り上げ、

【シリーズ第7弾!
 ビジネスで飛躍的な成果を上げる<三人称>視点・編】

として、お届けしています。

時代のスピードが加速する中、ビジネスで飛躍的な
成果を上げるには、【三人称視点=メタ認知能力】
を磨くしかないのです!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

前回は、私特有のものごとの見方やとらえ方を、
もっとわかりやすく伝えるためにキーワードが
「人称」だ、というお話をしました。

「人称」を軸に解説することで、ようやく順序だてて
私の思考法を説明するロジックができあがったのです。

『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、
<三人称>で考える。』

という本は、ズバリ、石原明の頭の中身です!

テーマは「人称」によるものごとのとらえ方と思考法
を理解していただくこと。

ここ数年、私は経営の相談を受けている時や人材
育成のための研修、そして講演の中で、ここぞと
いう時には、「人称」をキーワードにそれぞれの
方が置かれている状況や判断の基準を説明するよう
にしています。

すると、その瞬間に、聞いている人の目がみるみる
輝くのです。

その目を見れば、私の言わんとしている核心が意識
の底にしっかりと伝わったことが良くわかります。

そして、どんどん行動が変わっていくのです。

それまでは理解してもらうまでにとても苦労していた
複雑なことも、瞬時で理解してもらえるようになった
のです。

たとえば経営者の方ならその方がどこまで目線を上げ
たら良いかということや、部下の指導で悩んでいる
役職者の方なら、指導の際に、この「人称」という
考え方を活かしてどう教育していけば、その部下に
的確に言わんとしている事が伝わるかなどを指導して
きました。

例をあげると、職場でよく「自分の立場をわきまえて
行動しなさい」とか「相手の立場に立って判断しなくて
はダメじゃないか」と言っても伝わらなくて、頭を抱えて
しまうような部下の方っていますよね。

「もっと頭を使いなさい!」とか「状況を考えて」とか
「もっとほかの社員を見て」などと言っても、どうも
響かない、といった経験は誰にもあることだと思いますが
・・・この続きはまた次回、じっくりお話しま~す(@^^)/~~~


■■■━━━━━━━━━━━━次号に続く・・・■

■勉強会のご案内━━━━━━━━━━━━━■■■

★私が主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会。
 東京・大阪・名古屋で月1回の開催を積み重ね20年
 になりました! 
 参加費は3千円(ビジター参加6千円)です。
 興味のある方は、ぜひご参加ください。

◎2月のゲスト:
 モティファイ株式会社 代表取締役CEO グスタボ・ドリー 氏
 テーマ:「あなたの会社は英語検索してますか?」

■東京第218回 :2月6日(木)18:30~20:30
 東京国際フォーラム G402号
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=630

★東京会場では、勉強会終了後に懇親会があります!★

☆過去の東京勉強会の様子は「勉強会ダイジェスト」で☆
http://www.ishihara-akira.com/club/study/digest/index.html


◎2月の(石原明による)ゲスト講演徹底分析
 ゲスト;モティファイ株式会社
     代表取締役CEO グスタボ・ドリー氏
 テーマ:「あなたの会社は英語検索してますか?」

■大阪第218回 :2月17日(月)18:30~20:30
「大阪産業創造館」 5F 研修室C
http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=631


========================
★書籍・CD・経営情報レポート合冊本購入に際して
 
石原明.comサイトからの書籍等の購入に際して、
クレジット決済が可能になり、配送料が無料になりました!
>>> http://www.ishihara-akira.com/shop/index.php

◆『「成功曲線」を描こう。夢をかなえる6つの黄金律』
 セミナーDVDの購入が可能です!

◆合冊本3冊以上ご購入で、「石原明オリジナル書き
 下ろしプレミアムメッセージしおり」をプレゼント!
========================


■特別ゼミのご案内━━━━━━━━━━━━■■■

************************************************

 【経営次進塾 -NEXT College-】
    体験型「エッセンスゼミ」のご案内

************************************************

次世代の経営者のための実践塾として好評を得ている
【経営次進塾 -NEXT College-】のエッセンスが3時間
で学べる体験型の実践ゼミを開催します。

【経営次進塾】本科コースには興味があるが、
6ヶ月間という長い時間を費やす価値があるのか、
自分に合っているのか悩ましい・・・

などという声にお応えし、3時間で本科コースを体験
いただく実践ゼミを企画しました。

ぜひこのチャンスをお見逃しなく(^_-)-☆

-----------------------------------------------

■日時:2020年2月7日(金)16:00~19:00(3時間)

■講師:武沢信行(「経営次進塾」メイン講師)

■定員:10名程度

■費用:22,000円(税込)
    ※終了後、講師を交えて懇親会を実施します。
    (希望者のみ)会費4,000円(2時間程度)

■場所:究和エンタープライズコンコード株式会社
    セミナールーム(神保町)

■対象者:経営者および経営幹部

-----------------------------------------------

★詳細およびお申込みは↓
 >>> http://www.nextcollege.jp/essence-seminar/?=200127
-----------------------------------------------


■今週の回答━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Q┃若者が人称を上げるために考えるべきこと、
┃ ┃  学ぶべきことを具体的に教えてください! 
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃A┃人称の高い方と直接の会話が一番ですが、
┃ ┃    まずは著書から学び始めてください
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 人称の高さを学ぶ・身に付けるには、直接人称の
 高い人との会話をするのが一番ですが、若い方で
 あればいきなりそんな方との会話の機会は無理だと
 思うので、人称の高い方が書いた本を通して対話
 (読みながら著者と会話)することから学ぶのが一番
 良いと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○子どもが大人になる過程・・・成長の段階で重要な
 ことは、主観的なモノの見方、考え方から少しずつ
 客観的にモノを見る、考える習慣や能力を身に付ける
 ことです。

〇大人になり、いろんな意味で働く(役割を果たす)と
 いうことは、社会生活をする訳ですから集団の中で
 行動することを意味します。

〇この集団の中でまわりと協調しながら一定以上の
 成果を出すためには、自分の主観だけでモノゴトを
 見たり考えたりしないで、まわりの人がどんな考え方
 をしているのかを知ることが重要で、こういう場合
 には、相手を知ること、理解すること、相手目線で
 考えること、自分を含めてそこにいる人全員を客観的
 な視点や思考で理解し、考えること、導いていくこと
 が必要になってくるわけです。

〇私が言う「人称」はそういう意味で、欠くべからざる
 重要な認識であり、能力だということですね。

〇さて、こういった思考や能力を若者が身に付ける
 ために何をすれば良いかですが、もちろん一番良い
 のは、「人称」が高い方から直接学ぶことですから、
 そういった方との会話が一番良いということになります。

 ※「人称」が高い方の探し方ですが、私の著書
 『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、
  <三人称>で考える。』を読んでください。

 この本は出版社の諸事情によりネットでの取り
 扱いが止まっていますが、直接私の会社に
 問合せいただければ在庫があります。
 
 【必要冊数、送付先(ご住所・電話番号・
 請求書宛名)】を下記までご連絡ください。 
 ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp


〇あなたのまわりで直接面談や会話が可能で、
 素晴らしい人称レベルを持った方を探して、
 会話の機会を得る努力をしてください。

〇こういった機会が持てる方はとてもラッキーですが、
 そうはいってもなかなか「人称」の高い方と会話
 の機会を得ることは難しいと思いますので、
 その場合にできることの提案ですが、それは
 「人称」の高い方の書いた本を読んで会話する、
 対話するという方法です。

〇実際に私は、この方法で自分自身の「人称」の
 レベルをかなり高めたと思っています。

 また、この対話のトレーニングを沢山積んでいた
 ので、自分のビジネスレベルが上がり、実際に
 「人称」の高い方達と出会った時にも臆すること
 なく、会話がスムーズにできたことを覚えています。

〇ということでオススメは「人称」レベルの高い方
 の書いた本の読書を通しての会話・対話ということ
 になります。

〇ここで少し、「読書」に付いての注意事項ですが、
 ビジネス書やもっと言うと自己啓発書やマーケ
 ティング系の本、実用書、と言われる種類の本を
 読むことは「読書」の中でもとても軽い感じで本
 を読むという行為と考えてください。知識や情報
 が欲しい場合の「読書」という感じでしょうか。

〇私が提案している「読書」は、人の生き方や考え方
 を知る、著者の哲学に触れることができる感じの 
 書物を沢山読むことだと考えてください。

 そういう意味においては素晴らしい歴史書や小説も
 読書の範囲だと思います。

〇「人称」を学ぼうとする時には、本はこの基準が
 大切だと思います。ぜひ、参考にしてくださいね。


★みなさんからのご意見、そして質問はこちらまで。
 ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp


■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』は、ビジ
 ネスセンスを磨き、勝てるビジネスモデルやマーケ
 ティングロジックを発想できるようになるための、
 毎月の各種情報提供を基にした、経営やマーケティ
 ング能力を最短で身につけていただくための年会費
 制の勉強会です(*^^)v

☆2000年に発足し今年で丸20年を迎えます。会員数は
 現在1,300名以上。毎月行われる東京、大阪の勉強会
 も215回を超えています。

☆ご興味のある方は、こちらをじっくりお読みになっ
 てみてください。
  http://ishihara-akira.com/ttcl/

☆入会に関するお問い合わせなどはこちらまで。
  (担当:吉川)
⇒ top3club@nihonkeiei-lab.jp
  Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━■■■

〇毎月27日に新番組をリリースしている有料版
 ポッドキャスト『経営のヒント プレミアム』

 今月のテーマは【ネットシステム・AI テクノロジー
 が導く加速度的に進化する世界への入口】です。

 どうぞ、こちらもお聴き逃しなく♪
http://ishihara-akira.com/premium/program/200127/


             それではまた来週!(^^)!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------
■石原明のオフィシャルマガジン【不定期情報通信】
 http://www.ishihara-akira.com/magazine_irreg/
------------------------------------------------
■ポッドキャスト『石原明の経営のヒント+(プラス)』
 金曜配信♪
 http://www.ishihara-akira.com/plus/
◎不定期配信『石原明の経営のヒント グローバル』
 http://www.ishihara-akira.com/global/
◎毎月27日『石原明の経営のヒント プレミアム』
 http://ishihara-akira.com/premium/
------------------------------------------------
■石原明の「オーディオブック」発売中♪
 『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』
  >>> https://audiobook.jp/product/190649
------------------------------------------------
■【Facebook】石原明.com
 https://www.facebook.com/ishihara.akira.author
------------------------------------------------
■ブログ「経営のヒント」
 http://www.ishihara-akira.com/blog/
------------------------------------------------
■石原明の知的経営の切り口
 http://board03.keikai.topblog.jp/
------------------------------------------------
■著書・発行物一覧
 http://www.ishihara-akira.com/shop/

◎『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』
 (ダイヤモンド社 \1,760)
http://www.amazon.co.jp/dp/447806749X/ 

◎『ぼくだったら、そこは、うなずかない。』
 (ぼくら社 \1,540)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4833441225/

◎『すべてが見えてくる飛躍の法則
 ビジネスは、<三人称>で考える。』

※今シリーズの教材となっている
 『すべてが見えてくる飛躍の法則
  ビジネスは、<三人称>で考える。』は、
 諸般の事情により出版社に在庫がありません。

 amazomではかなり高額となっているようなので、
 購入希望の方は、当社のストックがある限り、
 定価(1,540円)+送料でお分けいたします。

 【必要冊数、送付先(ご住所・電話番号・請求書宛名)】
 を下記までご連絡ください。
⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp

------------------------------------------------
■メルマガバックナンバー:
http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/index.php
------------------------------------------------
■メルマガ登録・解除
http://www.ishihara-akira.com/magazine/
------------------------------------------------
■ご意見・ご感想は ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp
------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】僖績経営理舎株式会社
     (日本経営教育研究所)
     http://www.nihonkeiei-lab.jp/
     
     〒101-0003 千代田区一ツ橋2-4-3 10F
     Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562
     営業時間: 10:00~18:00

【発行責任者】経営コンサルタント 
       石原 明 Akira Ishihara
       http://www.ishihara-akira.com/

■━━━━━━━━━━━━━Copyright (C) 2020■
このメルマガに掲載された記事の内容を許可なく転載
することを固く禁じます。事前にお問い合わせ下さい。
  • 最新号へ
  • 次の記事へ
  • バックナンバー一覧へ
  • 前の記事へ
  • 創刊号へ
石原明の経営のヒントプレミアム ダイジェスト版
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』


  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み