HOME > 石原明の経営のヒント+(プラス) > 第137回 質問「ある分野で突き抜けた専門性を持て、とおっしゃいますが、突き抜けたかどうかの判断基準は?」

石原明の経営のヒント+(プラス) 質問受付

第137回 質問「ある分野で突き抜けた専門性を持て、とおっしゃいますが、突き抜けたかどうかの判断基準は?」

ズバリ、「誰と一緒に仕事ができるか?」です。その分野で仕事をする中で、トップクラスの人たちから必要とされている自分を発見したら、「突き抜けられた」と思っていいと思います。

また、自分の向き不向きの判断は、その分野の今のトップクラスの人たちを見た時にどう感じるかで決めるといいと思います。

番組へのご質問や感想はこちら

番組へのご質問や感想は、こちらのフォームからご投稿お願いします。

質問受付フォームへ
石原明の経営のヒントプレミアム ダイジェスト版
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』


  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み