HOME > 石原明の経営のヒント+(プラス) > 第217回 質問「映像制作業の経営者です。第86回で"今後は制作では無理"とありましたが、どう戦うべき?」

石原明の経営のヒント+(プラス) 質問受付

第217回 質問「映像制作業の経営者です。第86回で"今後は制作では無理"とありましたが、どう戦うべき?」

これは拙著には書いてないことなんですが、中小企業が顧客を創造する方法には、マーケティング系、リアルの営業系、トップ営業系の3つがあります。実は制作ナド、現場でモノづくりに携わっている経営者の方は、3つ目のトップ営業ができないと成功しない場合が多いんです。商品やサービスで差をつけられなくなってきていることもあり、それ以外の面で"誰から買うか?"という理由を作れない企業は生き残れません。

番組へのご質問や感想はこちら

番組へのご質問や感想は、こちらのフォームからご投稿お願いします。

質問受付フォームへ
石原明の経営のヒントプレミアム ダイジェスト版
石原明の経営のヒント
石原明から「生」で学ぶ勉強会
『高収益トップ3%倶楽部』


  • ホームページ作成なら、あきばれ・ホームページ作成へ
  • 企業の最速発展を支援するコンサルティング・顧問契約
  • メディア掲載実績
  • 石原明の書籍・経営情報レポート
  • 石原明のおすすめ本ライブラリー
  • 人称.jp
  • 日本経営教育研究所
  • CK Publishing
  • 経営次進塾 NEXT college
  • 企業表彰NAVI(ナビ)
  • 人事評価システム『明快』
  • 究和エンタープライズコンコード株式会社

PAGE TOP

入会をご検討の方へ
会員サイトへ
勉強会お申し込み